〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴンちゃん、虹の国へ。

<<   作成日時 : 2015/05/25 07:26   >>

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

突然の事ですが、実家の柴犬ゴン(1999.11.27生 15歳半)が、5月19日(火)に虹の国へと旅立ちました。

ゴンは2012年頃から少しずつ白内障が進み、去年(2014年)あたりからはほとんど目が見えてなくて、耳も遠くなり、足も弱ってきていました。

今年に入ると、急速に後ろ足が弱くなり、最近ではお散歩もほんの少しになってしまっていました。 (画像 先月の4/22)
画像

(市販の)犬小屋の入口の10cm程の段差の上り下りも介助をしてあげないと出来ない事が多くなってしまったので、出入りをスムーズに出来る様にと、つい先日5/17(日)に、父の提案でゴンの新しいお家を作ってあげました。

実家にあった角材とコンパネとスノコ板を使い、入口が広く段差が無いお家を作りました。内側を白、外側をブラウンでペイントし、、、
画像

今まで使ってた犬小屋の屋根を乗せました。
画像

入口には毛布のカーテン。
2、3度ゴンを誘導してあげると、すぐに自分で入る事を覚え、介助無しでもスムーズに出入り出来る様になりました。
画像

入口が広く段差が無いので、格段に介助もしやすくなり、ゴンにも家族にも優しいお家が出来たと喜んでいました。

翌日5/18(月)は、フィラリアの薬の購入と、ゴンの診察をしてもらうのに、往診もしている病院の先生(ハッピの主治医)に来て頂きました。
(ゴンのかかりつけの病院では往診をしていません。)
画像

この後、ゴンは小屋から出てきて、先生の前で歩きました。

先生の診断では、ゴンの状態は目は白内障で見えておらず、耳はかろうじて少し反応あり、足腰が弱いのも老化によるもので、椎間板ヘルニアにもなっているとの事。人間でいうと、ゴンはだいたい95歳くらいで、老衰の状態だそうです。

95歳って!!!!そんなにおじいちゃんだったとはビックリです。

その他、この歳になると、内臓系や脳にも悪いところがあるかもしれないとの事でしたが、麻酔をかけての検査に耐えられる体力が無いのと、もし悪いところが見つかっても、手術にはとうてい耐えられないでしょうとの事で、このまま現状維持で様子をみましょうという事になりました。

ゴンの為に作った出来たてホヤホヤの小屋を見て、先生は「ゴンちゃんの為に、こういうのを作って下さって、とても良いと思います。」と、「作って下さって」とおっしゃるところが先生らしい。

ゴンに移動の負担をかけず、往診してもらえて本当に良かったです。

その翌日、5月19日(火)の朝、いつもの通り9時頃に実家に行くと、、、

父と母と弟が、ゴンの周りに集まっていました。

5/19の朝7時半頃から、急にゴンの具合が悪くなり、立つ事も出来ず、いつもと様子があきらかに違うので、急いで先生に電話。

運良く、この日は狂犬病の合同注射の日で、先生が会場へ出向く為に病院は午前中臨時休業。
注射の合間を見て正午過ぎに先生が駆けつけてくれました。
画像

注射をしてもらいしばらくすると、ゴンはスヤスヤと寝息を立てて眠りました。

ホッとしたのもつかの間、2時間位経った15時過ぎ頃、容体が急変。病院に電話をすると、午後の診察時間(16:00〜)の前に、特別診て下さるとの事で、弟と母と私でゴンを車に乗せ、病院に駆け付けたのですが、、、

そのまま、先生に看取られ、15時45分、眠る様に虹の国へと旅立ちました。

夜、帰宅した旦那さんは、遅い時間でしたが、ゴンにお別れする為に実家へ行ってくれました。

翌日、5/20(水)11:00〜火葬。
火葬場の方がゴンを見て、「15歳とは思えない若いお顔と体つきですね。」と驚かれていました。
画像

ミーコマックの時と同じく、ゴンちゃんも足型をとってもらいました。
画像

ゴンは人間に媚びる事なく、いつもマイペース。

家族でも、親戚でも、知らない人でも、野良猫でも、カラスでも、、、分け隔てない接し方。尻尾は振らない、犬らしくない、面白い子でした。

人に向かって吠えた事は一度も無く、誰でもウェルカム。
たった一度だけ、長靴に向かって尻尾を振った時は、ゴンちゃん、尻尾振れるんじゃん!と思いました。

けたたましく鳴くマックとは違い、居るのか居ないのかわからない位大人しい子だったので、居なくなっても、まだ居る様な居ない様な不思議な感じです。

晩年、たまに変わった声で鳴く様になったのには驚きました。
ゴンちゃん、声、出るんじゃん。

ただ、犬らしくワンワンとは鳴かなかったので、家の中にいるお客さんに「あれ?今、誰か外でくしゃみか咳しました?」と聞かれた事もありました。

今までわんこは沢山見てきましたが、ゴンちゃんほど犬らしくない、ユニークな子はいませんでした。

ミーコやマックやハッピ、沢山ブログに載せましたが、何故か一番人気はゴンちゃんでした。ゴンにコメントを下さった方々、ありがとうございました。

   ゴンちゃんの幼い頃。ぬいぐるみみたいに可愛かった
画像

   2005年〜2007年のゴン
画像

   2008年のゴン
画像

   2008年〜2009年のゴン
画像

画像

画像

   2010年のゴン
画像

   2012年のゴン
画像

   2013年のゴン
画像

画像

   2014年のゴン
画像

   2015年のゴン
画像

ゴンちゃん、今まで沢山のHAPPYをありがとう。
虹の国ではマックと仲良くするんだよ。
画像

ゴンちゃんの動画は無かったと思ったら、発見。(撮影:2002年8月4日)


ゴンちゃんのリンク集。

2006年:ゴンの紹介寒くなってきたよ〜抜け毛ゴン
2007年:日向ぼっこ丁寧な食事幼い頃ねぇ何してるの〜?
     カメラ目線ゴンとハッピ
2008年:眠たいゴンちゃん小屋ごと飛ばされるゴン&カラスと野良猫
     庭を駆け回るゴン洗う夏は暑ぢぃゴロンゴロン
     お散歩嬉しい♪ゴンと水溜り
2009年:あさみ’sグランマの俳句とゴン穴掘りゴンゴン洗うゴンとスズメ
     遊ぼ〜♪ゴンの笑顔と歯並び新しいカメラとゴンの反応
     寒くて固まるゴン土だらけの鼻日向ぼっこ
2010年:祖母の俳句とゴンゴン10歳4ヶ月ゴン洗うゴンと野良猫
     工事中もマイペースのんびり屋ゴンちゃんゴンとカラス
2011年:雪とゴン穴掘りゴンゴン洗う
2012年:ゴンごろんごろん鼻土ゴンのドロボー顔ジンベイザメVSゴン
     おっとりゴンの注射顔の周りをカットゴン洗う足にデキモノ
     隠居解体とゴン解体爆音とゴン長靴に尻尾振る
2013年:宅配便のお姉さんに驚かれる背中で守るびっくりした!!
     鼻をぐにぃ〜ペットヒーターでぬくぬくポカポカ
2014年:白内障になってきたゴンちゃんふくよかにゴンに卵かけご飯?
     あごの下が気持ちいぃ〜&ゴン洗う
2015年:のほほ〜んと暮らしてます


(余談)

実は、5/19のお昼過ぎに先生に来て頂き注射をしてもらった後、ゴンの容体が落ち着きスヤスヤと寝始めたので、私はビーズ納品の作業等もあったので、自分の家に帰りました。

帰宅し少しすると実家の母から電話があり、ゴンに何かあったのかと思いきや、家庭菜園の苺畑にカラスが5、6羽来て苺を食べてるのを弟が目撃し、父が大変だと言って慌てて網を張る準備をしている!!!との電話。

これは私も行って手伝わなければ( ̄‥ ̄)=3と、車をうんならがし、急いで実家に行き、父とカラス対策の網を設置したりしました。

そんなこんなしているうちにゴンの容体が急変したので、私もゴンにずっと付いててあげる事が出来ました。

カラスが苺畑を荒らしていなかったら、、、偶然にも弟がそれを目撃していなかったら、、、ゴンにずっとついててあげる事が出来なかったと思うので、とりあえずカラスに感謝です。

ゴンは、野良猫やカラスに自分のご飯を平気で食べさせる子だったので、カラスを使って、最期に私を呼んでくれたのかなぁ、、なんて思ったり。。。

ゴンちゃん、虹の国で元気でいてね

応援してくださる方、こちら↓をポチっと宜しくお願いします(o^-')
(ブログランキングに参加してます♪1日1ポチ=10ポイント♪)
こちらをポチッ→ にほんブログ村 インテリアブログへ 只今のカウント:293238件 本日のランキング:246位

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
15歳半、(ホモサピエンスなら95歳!)皆に可愛がられて十分に長生きしてくれましたね。おとなしくて面白いゴンでしたね。今頃はマックと一緒かな。
今しがた、東京震度4.
K
2015/05/25 14:55
> だんでぃ〜Kさん
ホモサピエンスで95歳とは、驚きました。
ほんとにユニークな性格の子だったと思います。
虹の国で、マックに会えたかな?

こちらも揺れました。庭で動いていましたがドドンと体感できるくらいで、家の中ではハッピが地震に怒って吠えまくっいてました!
ゆかこ
2015/05/25 17:37
タイトル見た瞬間から大泣きで涙が止まらなかったよ。。。ゴンちゃん、とうとう虹の国へ旅立って行っちゃったんだなーって。クイポも最近食欲があったりなかったりで、18歳のお誕生日(8月)まで元気でいてくれるかなぁって思ってたところなの。家族のみんなに見守られながら旅立って行ったんだね。もう1度ゴンちゃんに会いたかったな。。。ものすごく寂しいけど、マック、ミーコ、ラニと元気に走り回ってる姿を想像すると何かちょっと笑顔になれるよね。ゴンちゃん、今までいろんな思い出をありがとう!
あさみ
URL
2015/05/26 00:50
> あさみちゃん
そうなの、ゴンちゃん虹の国へ旅立ってしまったよ。。。おじいちゃん犬になってきたな〜とは思ってたけど、突然のお別れだったよ。
クイポちゃん、食欲無い時もあるんだね。少し心配だけど、マイペースでのんびりと長生きしてくれる事を願ってる。
ペットって、飼うのは良いけど、家族同然だから、最後は見送らなきゃいけなけないのがとっても辛いよね。
なんか、ゴンはラニちゃんと気が合うんじゃないかって思う〜!ほんわかおっとりした雰囲気が似てるじゃん。きっと、虹の国で皆で楽しく遊んでるね!!!
ゆかこ
2015/05/26 19:19
ゴンちゃん行っちゃったんですね。
いつもほんわかな、穏やかな子で
密かにファンでした。
出先出先見てしまって
鼻水が止まらない、、、。

生き物と暮らすのは幸せで幸せで
最後が強烈に寂しいですね。
でもみんながそばにいる日に旅立てて
良かったなぁ。
nee bowwow
2015/05/27 19:05
> nee bowwowさん
nee bowwowさんお久しぶりです。
ゴンの記事にコメントありがとうございます
nee bowwowさんが密かにゴンファンでいて下さって、ゴンも虹の国でとても喜んでいると思います^^

ほんと、ペットと暮らすのは最高に幸せですが、その分、お別れの時がとても寂しいです。。
でも、nee bowwowさんがおっしゃる通り、家族皆で見送る事ができて良かったと思います。
落ち込んでいると、ゴンも心配すると思うので、ゴンとの楽しかった事や面白かった事を思い出して、出来るだけ笑う様にしています^v^
ゆかこ
2015/05/27 21:36
ゴンちゃん、虹の国に旅立ったんだね・・・。お祭りの時も、普段と違う場所で大人しくしてたよね。でも、子供たちが石で遊んでいた時は、ここにいるよ!みたいに低い声で吠えてたよね…。白内障はエスと一緒だったんだね。エスにも会えたかなぁ。寂しいけど、最後まで大切にされて、見守られて幸せだったね。
うたこ
2015/05/29 00:22
> うっちゃん
コメントありがとー(*^^*)
そうなんだよ。ゴンちゃん、虹の国に行っちゃった。うっちゃんたちは、お祭りの時に会ったのが最後になっちゃったね。。白内障で見えなくなってからも、子供たちがゴンの所に行くと、ゴンは子供好きだから出てきて嬉しそうにしてたよね!
エスちゃんともきっと会えたよ。
今頃、虹の国は大勢で賑やかだね
ゆかこ
2015/05/29 07:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

お問い合せ

閲覧者数カウンター

現在の閲覧者数:

Atrie Fleurのshopです

アクセサリーのご購入は
こちらから↓↓クリック↓↓
ショップへどうぞ
ゴンちゃん、虹の国へ。 〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる