トイレのドアノブをレバーに変える

以前も実家の廊下のドアノブを変えた事がありますが、今度は実家のトイレのドアノブを変えました。

40年近く、毎日何度もグリグリと回された実家トイレのドアノブちゃん。
経年劣化でガタガタする様になったので、壊れて誰かがトイレに閉じ込められる前に交換することに。

トイレのドアノブは2ヶ所。
廊下からトイレに入るドアノブには鍵無し。
ドアノブ1.JPG

中のトイレドアには鍵有り。
ドアノブ2.JPG

新しいドアノブはホームセンターで調達。使いやすいレバータイプ。
ドアノブ3.JPG

まずは廊下側の鍵無しのドアノブから。
ドアノブをドライバーで外して、、、
ドアノブ4.JPG

説明書通り(ドアノブ交換は2度目なので、説明書読むまでもないくらい簡単)に新しいドアノブを付ければあっという間に完成。
ドアノブ5.JPG

次に、鍵付きのドアノブも古いものをドライバーで外して、新しいものを取り付けて完成。鍵があっても無くても、取り付け方はほぼ一緒で簡単。
ドアノブ6.JPG

取り付けてみて、鍵が『空き』の青の時は問題ないのですが、『入り』の時の色が普通は赤だと思うけど、何故かオレンジで見えにくかったので、上からペンキで赤に塗りました!!
ドアノブ7.JPG

以前ドアノブを替えた時は、最後に閉めてみたら微妙にラッチを受ける受け皿が合わなかった(ドアを強く押して閉めないとガチャンと入らなかった)ので、受け皿の微調整をしましたが、今回はそんな事もなくすんなり。

おそらく、新旧、同じメーカーのものを使ったからかもしれません。

レバータイプにして使いやすくもなり、壊れて閉じ込められる不安も無くなり、良かったです^^


応援してくださる方、こちら↓をポチっと宜しくお願いします(o^-')
(ブログランキングに参加してます♪1日1ポチ=10ポイント♪)
こちらをポチッ→ にほんブログ村 インテリアブログへ  本日のランキング:106位

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

あさみ
2020年07月15日 14:14
ドアノブも考えなきゃ!リノベーションの事例見てるとかなりこの取り替える前のタイプ使ってる人が多いんだよね。私は断然取り替えた後みたいなレバータイプ派。たまーに通りかかった時引っかかったりすることあるけど、使いやすさからいったらやっぱりレバータイプだよね。家庭用のドアノブで「空き」と「入り」の色がついてるのなんてあるんだ!まあみんながみんなトイレで鍵かけてるとは限らないから(私はかけない)、万が一のためについてると便利は便利かも?
ゆかこ
2020年07月15日 21:32
> あさみちゃん
ドア&ドアノブ選ぶのも楽しそう!!最近の家はレバータイプがほとんどなのかと思ってたけど、リノベーションの事例見ると握り玉式(って呼ぶらしい)が多いのにはビックリ。私もレバータイプのほうが使いやすいと思う。ちなみにトイレに使ったこのレバータイプのは引っ掛かりにくい形状(バーの先が少し内側に向いてる)だよ。
引っ掛かると言えば、キッチンの引き出しに使う取っ手は、引っ掛からない形状にした方が良いよ。特にシンク下とか。モデルハウスで引っ掛かるタイプのがあって、私、見事に引っ掛かったんだけど(^^;)、危険だと思った。
トイレの鍵付きドアに赤・青が出るのは、子供のころから実家のトイレがそうだったから、それが普通だと思ってたけど、今、ウチのトイレ見てみたら赤・青出てないのに今頃気付いて、逆にビックリ(笑)。私も家で鍵はかけな~い。家族だけなら色は無くても良いけど、親戚とか沢山来た時は、赤色が出てると一目で誰か入ってるのわかって便利かもね。