乙女椿の剪定とゴミ焼却炉。

だいぶ前の話です。

実家にある椿(乙女椿)の木。
かなりもっさり大きくなってるのがあったので、思い切って剪定。

6月4日の作業です。

周りの木があっちこっちにあるので、そのまま画像を出しても、どれが椿なのか、どこをどう剪定したのかわからない。

ので、椿の木を黄色く囲んであります。
画像じゃ大きさわかりにくいですが、かなり大きな木です。
バッサリ2/3位の高さまで切りました。スッキリ~☆

画像


で、浜に引っ越してから、庭木の剪定、剪定、剪定、剪定、剪定で、その切った剪定枝をどうしているかという話、以前ちょっと書きましたが、続き。

剪定した木は60cm以内くらいにして、軽トラの荷台に乗せ、ゴミ焼却炉に運んで捨てます。その焼却炉がどんなか写真撮ってきたので、レポートを。

実家から車で約15分の場所にある焼却炉です。
画像

まずは軽トラの重量を量って受付けをします。
画像

受付けをしたら、大~きな扉が開き、焼却の建物の中へ。
係のおじちゃんが、こっちだよ~と誘導してくれます。
画像

捨てる所は何か所かあり、捨てるものによって場所が違ったりもするみたい。
庭木を捨てる時はたいていいつも端っこの扉。
画像

軽トラをバックでギリギリまで寄せて(父が結構なスピードでバックするのでビビル。私は、父が万が一、ハンドル操作を間違えたら、すぐドアから車外へ飛び出さなきゃと、逃げる気満々)、荷台から剪定ゴミを焼却炉の中に落とします(炉はかなり深く、下を覗くとビビル)。
昔は、中のゴミがメラメラと燃えていたらしく、もっと怖かったそうです
画像

全部ゴミを落としたら、散らかってるのを綺麗にお掃除します。
画像

で、また軽トラの重量を量り、受付け時の軽トラ重量との差でゴミの量を出し、料金を払って終了です。

いつもは父と私、もしくは父と弟で行ってますが、母も行ってみたいと、この前、初めて父と母で行ってきました。母、軍手して、張り切って行ってきた(笑)

母、どんなところでどんな風に捨てるのか実際に見れて満足してました


ゴミ焼却炉、何度行ってもビビルワタシを、、、
応援してくださる方、こちら↓をポチっと宜しくお願いします(o^-')
(ブログランキングに参加してます♪1日1ポチ=10ポイント♪)
こちらをポチッ→ にほんブログ村 インテリアブログへ 只今のカウント198682件 本日のランキング247位

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2012年09月05日 14:11
そうだったよね、前は無料だったのが有料になっちゃったんだよね。それにしても、昔この下がメラメラゴミが燃えてたって想像しただけで怖いー。っていうか、夏なんて暑くて行けないね、きっと。
ゆかこ
2012年09月05日 19:39
> あさみちゃん
そうそう、前は無料だったのに、有料になっちゃったんだよ~。
昔は燃えてたんだって。超、怖いよね。
うん、燃えてたら夏はきっと暑いね。。