〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ハッピの大冒険 〜東京の大学病院へ〜

<<   作成日時 : 2016/07/22 07:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

こちらの記事からのつづきです

後で見直した時にわかりやすい様に、過去の記事と重複した記述もあります。
あ〜んど、覚え書きも兼ねてるので、文章超長しですm(_ _)m

ハッピが初めに具合が悪くなったのは2013年2月14日
緊急入院し18日に退院。多血症とわかり、原因は心臓か肺の可能性があり、通院し薬でHCT値を下げる事に成功、その後はハイパー元気に復活!!

2013年12月25日にはバタンと倒れましたが、多血症とは関係無いてんかん発作の可能性が高く、すぐに復活し問題なし。

それから薬を毎日飲み続け、咳は出るけど、ハイパー元気に過ごしていたハッピでしたが、再び具合が悪くなったのが、今年2016年5月19日
通院しステロイド注射などで、2〜3日で復活!!

5月のレントゲン検査の結果、気管に異常が見られ、胸に腫瘍がある可能性が非常に大きく、きちんと検査をするには東京の大学病院じゃないと出来ないと言われましたが、ハッピの上京の負担を考えると無理だと思い、地元の主治医のもと、対症療法で治療を進める事に。

7月初め、ハッピの咳がひどくなったため、7月7日に再びレントゲンを撮った結果、やはり気管部分に異常が見られ、癌か腫瘍がある場合、もうこれ以上は薬での内科的治療は限界で、腫瘍が大きくなると気管を圧迫し、最終的には呼吸困難に陥る可能性もあり、外科的治療(手術)もしくは放射線治療(放射線が効く癌の場合)が必要になる可能性があると説明を受けました。

手術の場合は肋骨を2本くらい取って手術可能な場合もあるし、腫瘍が奥の方だとチェーンソーで肋骨全体を切り開く必要があり、術後は3週間くらいの入院が必要と説明を受けてビビりました。

手術して胸を開けてみた時点で、手遅れの場合、そのまま閉じる可能性もあると説明を受けてビビリました。

手術じゃなくて放射線治療が出来る癌だとしても、月に1回くらいの頻度で東京の大学病院に通わなければならなくなるそうで、それも大変です。。

いずれにせよ、腫瘍があるのかを検査するにはCT検査しかないので、思い切って上京し、7月19日(火)大学病院でCT検査をすることになりました。

検査前日7/18の夜から、全身麻酔に備え、食べ物は与えられません。
(お水は検査2時間前までOK)

上京当日7/19の早朝5時半に、トイレの為にハッピを散歩させたら、庭に落ちてた枯葉を1枚パクリとくわえ、速攻でムシャムシャゴックン( ̄‥ ̄)=3と飲み込んでしまったので、大丈夫か心配しました。。。

食べちまったものはしょうがない、上京は6時台の始発の電車だったので、主治医の先生の紹介状を引き下げ、5時50分に、父と母と庭猫4匹に「無事に帰っておいでよ〜(≧∇≦*)!!」と見送られ、実家を出発です。

上京は弟が付き添ってくれました。

最寄りの駅構内で、ハッピをキャリーバッグに入れると、「出して!」と少しガリガリしましたが、すぐに諦め大人しくなりました。
画像

私や弟が、出来るだけキャリーバッグの近くに居てあげると、声と匂いで安心するのか、思ってた以上に大人しく、表情も落ち着いているので一安心。

電車に乗っても、足元に置いておいたら、近くに居る事を確認するかの様に、たまに私の顔を覗き見上げたりして、大人しくしていました。
画像

車内では5、6回咳が出ましたが、軽い咳ですぐ治まり一安心。

バッグの中で、お座りしたり伏せしたりキョロキョロ(()())したり、たまに顔を下げて少し休んだり、東京駅に着く30分前くらいには疲れたのか手足を伸ばして寝ていました。

9時過ぎ東京駅に到着。この日、東京はそれほど暑くなく快適。
暑いとハッピの負担になるのが心配だったので一安心。

東京駅で乗り換え、大学病院の最寄りの駅まで約40分。駅からはタクシーで約5分、10時20分には大学病院に到着です。
画像

実家を出発してから約4時間半、ハッピは咳も軽く、吠えもせず、ずっと大人しく、ほんとに良かったですが、道のりは長かった!!

建物内に入る前に、一度ハッピを歩かせ散歩させませたが、緊張しているのでトイレをせず。。10時25分に受付完了

11時に診察室に入り、まず初めに今までの症状などを先生にお話し、血液検査、血圧、レントゲン、エコー検査をする為ハッピを預けます。

「今朝5時半くらいに葉っぱを1枚食べちゃったんですけど・・」と言うと、先生アハハと笑って「問題ありません^^」と。良かった〜!!

先生が「ハッピちゃんは怒りますか?」と聞くので、一瞬「怒る?」と思いましたが「噛みますか?」って事だと思い「大丈夫です^^」というと、研修医の若い男の先生に抱っこされ、検査室へと連れて行かれました。ハッピ、抱っこされても意外と平気な顔をしていたので、こちらも気が楽です^^

検査には2時間くらいかかるとの事だったので、その間に、弟と大学構内を散策しながら近くのコンビニへ行ってお昼ご飯を調達。
画像

大学構内は思ったより広く、コンビニまで結構歩きましたが、爽やかなお天気で汗もあまりかかず快適。
画像

大学病院前のベンチでランチ。
ランチと言ってもパンかじるくらいだけど(^_^;)。。

午後1時に検査が終わり、診察室に呼ばれ、検査結果を聞きました。

ハッピの体重:3.26kg
(普段は3.3kg〜3.4kgなので、食事を抜いたせいか少し減ってました)

<血液検査の結果>
・特別な異常は見られない

<エコー検査の結果>
・心臓に問題は無し
・腎臓に加齢性の異常あり(嚢胞腎)だが、咳とは関係無し

<レントゲン(X線)検査の結果>
・気管に少し凹んでいる部分があり、縦隔(肺に囲まれた胸部脊柱上の器官の集まり)やリンパ節が腫れている可能性、もしくは、腫瘍か何かがある可能性があるが、何があるか検査するにはCT検査が必要。

CT検査をするには全身麻酔が必要で、ハッピの場合、心臓に問題は無いが肺と腎臓にリスクがあるので、99%は大丈夫だが、1%くらいの確率で全身麻酔時に亡くなる可能性もありますがどうしますか?と聞かれましたが、

CT検査を受ける為にわざわざ頑張って来たのに、受けないで帰るなんてありえない。同意書にサインしCT検査を受ける事になりました。

余談ですが、大人しくてあまり動かない犬は、鎮静剤だけで無麻酔でCT検査が出来る子もいるそうですが、「ハッピちゃんは全身麻酔が必要ですね〜^^」と言われました。ハイパーに動きますからね(^^;;)。

CT検査は順番があるらしく(?)、夕方からしか出来ないそうで、ハッピはまた先生に預けて、私と弟は待合ロビーの椅子で待機です。


大学病院、来ているワン・ニャンたち、結構沢山いました。

午前中の多い時は、15〜20人が待合ロビーで順番待ちしていて、ワン・ニャンたちの様子を観察していると面白かったです。

飼い主さんが受付けをしている間に、足元に置かれたバッグに入った大人しいビーグル犬が、そ〜〜〜っと脱走を試みる様を見ては可愛すぎて微笑ましくて笑ったり(やっぱりビーグル最高!!)、、、

綺麗なブラウンアイで、大きくてフワフワフカフカ毛並みのミックス犬(たぶんハスキーが入ってる気がする)が寄ってきて、私の膝に顎を乗せて「撫でて」と甘えてくるので、撫でてあげると満足そうにしていました。弟にも愛想を振りまき、となりのおじちゃんにも愛想を振りまき、大人しくて可愛い子でした。

大学病院の受付けはお昼12時までなので、午後になると一気に患者さんが減っていきます。

ハッピを1時半頃に預けてから夕方までの待ち時間、超暇です(^^;;)。。

大学構内で、大学が作った野菜の直売がされていたので、見学。
画像

夕方5時には受付も閉まり、正面玄関も鍵がかけられ、誰も居なくなりましたが、私と弟はひたすら待ちます。。。
画像

夕方、ゴンにそっくりな柴犬の散歩を待合ロビーから目撃し、あんなにそっくりな子は初めてみたので、弟とガン見してしまいました。

毛並みのモコモコ加減、体の毛色、尻尾のくるりん加減、耳の小ささ加減、顔つき、体つき、のんびりした(ぼ〜っとした)歩き方、つかれて座り込む様、ゴンよりちょっと顔が白くちょっと太めでしたが、ほんとにそっくりで癒されました。

夕方5時過ぎに、「これからハッピちゃんのCT検査に入りますので、あと1時間ほどかかります。」と連絡が入り、6時過ぎに無事CT検査終了

約5時間待った〜(*≧v≦)!!

無事に全身麻酔が出来て、生きててほんとに良かった。
とりあえずはホッと一安心です。
                       大学病院のCT検査室(HPより)
画像

ハッピは全身麻酔後の酸素室に入れられてまだ出てきませんでしたが、先生の説明を受けました。

<CT検査の結果>
・癌も腫瘍もありませんでした!!!!!(びっくり)
・咳の原因は、気管支軟化症(ハッピの場合、軽度)である事が判明
・軟口蓋が腫れて厚みがある
・血液検査には出ない程度だが、腎臓が悪化している(嚢胞腎、腎結石)←年齢的なものと食事が原因と思われる。
・内蔵脂肪が多い←食事が原因
・漏斗胸である←おそらく生まれつき、もしくは脂肪で押されてる(?)

気管支軟化症は、気管を形成しているリング状の軟骨が弱くなり気管が変形し気道が狭くなる病気で、先天的な場合は仔犬の頃から咳が出ているはずなので、ハッピの場合後天的なものだろうとの事でした。

後でネットで調べましたが、ヨークシャテリア、チワワ、ポメラニアンに好発し、小型犬の中高齢で発生率が高いものだそうです。

外科的手術(管内ステント)で気管を広げるという方法もあるそうですが、ハッピの場合、まだ症状が軽度である事と、高齢である事、肺と腎臓に負担がかかるため長時間の全身麻酔に耐えられるか不安な事から、内科的治療で進める事になりました。

ネブライザー(蒸気吸入器)で、液体の薬を蒸気にして吸いこませ、直接気管に薬が届く治療を行います。飲み薬より副作用が少なく、良く効くそうです。

合わせてダイエットをさせ、脂肪を減らし、脂肪による気管への圧迫を軽減させます。3kgを切るくらいまでダイエットが必要と言われました。

腎臓については、今までドライフードはサイエンスダイエットでしたが、ロイヤルカナンphコントロール ライトに変え、これ以上結石が出来にくくする食事にします。おやつなどは徐々に減らし、ハッピにストレスの無い様に、長期的にダイエットをさせる様にと言われました。

その後、先生がお薬を準備してくれて、ハッピが出てきて全て終わったのが夜の7時半少し前でした!!!ハッピ、麻酔の影響でボ〜〜〜っとしてたけど、よく頑張ったねと抱きしめてあげました。

タクシーを呼んで、最寄りの駅まで行き、みどりの窓口で切符を買おうとしたら混んでたので、そのままSuicaで改札を通り、東京駅に着いたのが夜8時半前くらいで、ギリギリ最終電車に間に合う時間。

バタバタとお弁当を買い、弟とハッピはホーム下の階段で待っててもらい、私が走って特急券を買いに行き、窓口で弟のSuicaカードも必要と言われ、慌てて走って弟の所へ戻り、Suicaを借りてまた走って窓口へ行き、指定席切符を買い、走って戻り、ホームに着いたのが電車到着5分前!!

最終電車に間に合わない時は市ヶ谷アジトに泊まろうとも思いましたが、ハッピを早く実家に連れて帰りたかったので、間に合って良かった!!

電車に乗り、母に最終電車に間に合ったメールをすると、父が「これがほんとのハッピーエンドだ♪」と喜んでいたそうです(* ̄m ̄)(笑)

無事、地元の駅に到着し、弟の車で実家へ帰宅出来たのが夜11時半

帰りはずっとハッピは大人しく、麻酔の後だからだと思いますが、咳も全くせず、静かにボ〜っとキャリーバッグに入っていました。

実家に到着すると、母と猫たちが出迎えてくれました。ハッピを庭に下すと、溜まってたチッコをたっぷり。我慢してたんだね、可哀相に!!!

寝ていた父も起きてきて、ハッピを抱っこして大喜び。

帰宅したら外すように言われた前足の包帯を取ってあげると、、、
画像

点滴をする為だと思うけど、毛が剃られてた(^^;;)
画像

ハッピは前日の夜からご飯を食べていませんが、点滴で栄養と水分補充をしているので、この日は特に食べさせなくても大丈夫との事でしたが、もし食べたがる場合は、沢山食べると吐くので、普段の1/2〜1/3の量を与えるように、お水は飲んでも大丈夫ですと説明を受けていました。

自分のケージに入った瞬間、東京に行ってきたとは思えないほどハイパー元気になり、ウン○をしたら、お腹空いたと言うので、少しご飯をあげたらペロリと食べて元気ハツラツで一安心。

母に先生の説明をとりあえず簡単にして、私も帰宅しました。

始発で行って、まさかの最終で帰宅。(もっと早く帰れると思ってた^_^;;)

大変でしたが、癌も腫瘍も無く、軽度の気管支軟化症で内科的治療で進めましょうという結果だったので、本当に良かったです。

長〜〜〜い記事になってしまいましたが、ハッピの記録記事でした

応援してくださる方、こちら↓をポチっと宜しくお願いします(o^-')
(ブログランキングに参加してます♪1日1ポチ=10ポイント♪)
こちらをポチッ→ にほんブログ村 インテリアブログへ 只今のカウント:330935件 本日のランキング:182位

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大変な一日でしたね。でも重大疾患が無くてひとまずほっとしたでしょう。
高齢化は人も動物も仕方がないしね。病院の検査は大体時間が掛かりますよね。あまりあっさり済んでもかえって心配になってしまいます。ハッピ、元気〜?
K
2016/07/23 16:53
癌も腫瘍も無かったんだね!!!うわー、ものすごくほっとした。。。丸い1日にかかったけど、原因がわかったし結果が良かったから行った甲斐があったよね。いやー、ほんと安心した。ハッピ、また近いうちに会いに行くからねー。
あさみ
URL
2016/07/23 23:44
> だんでぃKさん
人間だけの上京なら、早朝でも深夜でも平気ですが、ハッピを連れていると、やはり気疲れしました!!でも、移動中はとても大人しかったので助かりました^^
検査結果も、手術しなくて済むものでほんとに良かったです。
お陰さまで、ハッピは元気ハツラツ。
ハイパー度120%です!!!
でも、まだ咳がちょっと酷いので、新しいお薬で早く良くなってくれる事を期待しているところです。
ゆかこ
2016/07/24 08:09
> あさみちゃん
そうなの!癌も腫瘍も無くてビックリ!!
絶対なにかあるんだと思ってたから、ほんとにホッとしてるよ〜。CT検査じゃないとわからない事が沢山あるから、頑張って上京したけど、各県に1台くらい、動物用のCTあっても良いのになって思った^^;
お、近いうちにって、今年の帰国、決まったのかな〜^^?
ゆかこ
2016/07/24 08:13
あ、ごめん、まだ予定無しだよー。前の家が売れるまでは予定たてられないんだ。まあ、3か月くらい売れなかったら貸すことにするかもしれないけど。
あさみ
2016/07/25 02:16
> あさみちゃん
そっか、そうだよね、お家決まらないと動けないよね!
また浜に来てくれる日を楽しみにしてるよ〜^^
ゆかこ
2016/07/25 07:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

お問い合せ

閲覧者数カウンター

現在の閲覧者数:

Atrie Fleurのshopです

アクセサリーのご購入は
こちらから↓↓クリック↓↓
ショップへどうぞ
ハッピの大冒険 〜東京の大学病院へ〜 〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる