〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS メダカのその後と、バッタとニチニチソウ。

<<   作成日時 : 2014/10/02 07:26   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

うわ。天板にタイルを貼るインスピレーションがおりてきた
やばい、またやりたいDIYが増えた

さて。実家のメダカネタ、ここからのつづきです。

庭の石甕でわんさか産まれたメダカの子。
父が石甕から半分くらいの子メダカを飼育箱に移し、デスク横に置き、観察しながらエサをあげて楽しんでいたのですが、、、

メダカの数が徐々に減ってきている気がしたのです。
でも、特にメダカの死骸も無いので、どこへ消えたのか不思議でした。

メダカの水槽の中には、いつの間にか小さな貝が数匹発生していました。
ホテイアオイに付いていたサカマキガイだと思います。
体長は5mmくらいのほんとに小さな貝です。 (画像:ウィキペディアより)
画像

その小さなサカマキガイは、いつも水槽や蛸壺にくっ付いていたので、緑の藻を食べているんだとばかり思っていました。

が、ある日、、、
サカマキガイがメダカを抱え込み、メダカを食べているのを目撃

しかも、壁面に貼り付くだけじゃなく、サカマキガイは水面もヒラヒラ泳ぎ、泳いでいるサカマキガイにメダカが近寄りツンツンしているのです。

これを見た家族皆、サカマキガイは泳いで、近寄ってきたメダカを捕食しているにチガイナイと思いました。
まるで、可愛いクリオネの怖い食事風景と同様に

が、調べてみたら、『サカマキガイは主に付着藻類など食べるが、食性は幅広く、植物遺骸や動物の死体、浄化槽内の微生物層などもよく食べる』そう。

という事は、生きたメダカを捕食してたんじゃなく、メダカの死骸を食べてたのかも。いずれにせよ、サカマキガイは水槽などで爆発的に増え、ホテイアオイなども食べて困るものだそうなので、駆除しました。

今は父のデスク横に置いて観察していたメダカの子たちも、外の石甕へ戻され、石甕の中で暮らしています。結局、親メダカは居なくなり、今は子メダカだけ6匹くらいホテイアオイと一緒にいます。

冬を越せるだろうか???

で、先日、実家の庭で植木の剪定をしていて、ふと足元を見たら、バッタが脱皮していました。バッタの脱皮、初めて見た!!!
てか、バッタが脱皮するなんて、知らなかった〜〜〜!!!
画像は脱皮したてのバッタが羽根を伸ばし乾かしているところ。
右側の白いのが脱皮した抜け殻。
画像

早速、調べてみたら、、、
バッタのメスは、秋、土の中にたまごを産み、春、バッタの赤ちゃんが土から出てきます。バッタは卵 - 幼虫 - 成虫という成長段階を踏む不完全変態の昆虫で、蝶やカブトムシのような蛹にはならず、卵から産まれたら脱皮をして少しずつ大きく成長し、脱皮を5回ほど繰り返しながら生まれてから1ヶ月を過ぎたころ、成虫になり、空を飛ぶ羽根が生えそろうそうです

こちらの動画をみるとよくわかります。面白すぎる!!!
(昆虫が苦手な方は見ないでください^^;;;)

話は変わって。今年は沢山よく咲いてくれた実家の朝顔

朝顔が終わり、寂しくなったので、ニチニチソウを植えてみました。
画像

キアゲハが来て蜜を吸ってます
可愛い
画像


たまに旦那さんに、『それ、アクセント、違うよ』って笑われるけど、、
いながもんにそんなごど言われだって、
あくせんとの違いなんて全然わがんねぇべよっ
応援してくださる方、こちら↓をポチっと宜しくお願いします(o^-')
(ブログランキングに参加してます♪1日1ポチ=10ポイント♪)
こちらをポチッ→ にほんブログ村 インテリアブログへ 只今のカウント:268732件 本日のランキング:253位

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

お問い合せ

閲覧者数カウンター

現在の閲覧者数:

Atrie Fleurのshopです

アクセサリーのご購入は
こちらから↓↓クリック↓↓
ショップへどうぞ
メダカのその後と、バッタとニチニチソウ。 〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる