〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼岸花の球根は夜に歩き出す。

<<   作成日時 : 2013/10/04 07:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

実家の表庭(元、隠居庭)には昔から彼岸花があり、毎年咲きます。
それにしても誰が植えたんだろ?おばあちゃんかなぁ??

画像↓は、去年2012年10/5撮影の彼岸花。
画像

彼岸花は秋に咲いた後、花が終わると、葉が出て来てワサワサ茂り、葉だけで冬を越します。殺風景になる冬の庭に貴重なグリーンです。
(葉だけを撮った画像が無かったので、画像お借りしてます。)
画像

ヒガンバナは花と葉が別々の時期に出る(花と葉を一緒に見る事は出来ない)ので、「葉見ず花見ず」ともよばれています。

葉で越冬したら、翌年の春、4〜5月頃になると葉が枯れて、こんな感じで球根だけになり、この状態で夏を越し、
画像

9月になるといきなり花芽(茎)がニョキニョキ伸びて(撮影9/17)、
画像

ジーっと見てたら伸びていく様子が見られるんじゃないかと思うくらい、あれよあれよと次々に伸び伸び伸びて(撮影9/23)、
画像

今年も真っ赤な花を沢山咲かせました(撮影9/29)。
画像

その彼岸花の場所を移動させるかもしれないので、移植(球根の植え替え)についてちょっと調べてみたら、思わずクスクス笑ってしまう文章を発見。

おそらく移植は来年になるので、忘れないように書いておきます。

【彼岸花の株分け】
根を切らないようにする。
球根の根は一度生えたらもう生えないので、根の数が減る。
株分けは、基本的には、葉が枯れた後花が咲く前の6〜8月が良い。
球根は丸く大きいほうが良い。三日月・半月は、翌年に咲かない。
2年後〜5年後が一番良く咲く。
植えつけたら、気に入っているかどうか、一度聞いてみればよいかも。
機嫌がよければ、返事があるかも。
広く深く掘って、良く土を解して、よいベットを作らないと繁殖もしない。
乾燥しすぎても、湿りすぎても、冬に日当たりが悪くても、拗ねて花芽を作らない。逃げ出す事を考える。機嫌が良ければ、分球する。
花数も、バラバラ。4つ-15個と気まぐれ。
掘ったら、すぐに植える。365日活動している。
地植えなら、深く耕し、良く土を解す。
ヒガンバナの球根は、一番環境の良い位置を探して、夜に歩き出す。
したがって、環境が決まるまで、夜歩きするので疲れて、花を作る暇がない。

現実的には、浅すぎれば、下に根を伸ばして、下に球根を作り上の球根を腐らす。深すぎれば、逆に上に球根を作り、下の球根を腐らす。
前後左右も同じ。時として、地上部にむき出しになって、転がって行く。
環境が合えば分球する。自分で移動するので、種を作る必要はない。毒素も持っているので、動物に運んでもらう必要もない。
だから、集団生活をする。夜中の一人歩きは怖がる。
掘り返せば、串団子のように、上下2個の球根が付いているのが偶にあるが、これは繁殖では無い。夜逃げの準備です。

分球繁殖は、前後とか左右の横に付く。
自分で歩くのは、歩く木とヒガンバナくらいなものです。



彼岸花の球根は夜に歩き出すって、最高楽し〜!!!
しかも夜中の一人歩きは怖がるんだって〜。面白い〜!!!

その他いろいろ調べましたが、彼岸花は非常に強健なので、休眠期以外にやっても枯れる事はほとんどないと書いてあるところが多かったです。

そして、土は深く良く耕し、水はけの良いところで幾分乾き気味に育てたほうが調子が良いそうです。

最後の一文、『自分で歩くのは、歩く木とヒガンバナくらいなものです』の歩く木ってなんだろうと調べてみました。ガジュマルの事でした。こういう話、大好き!

彼岸花の株分け移植、楽しみだ



先日、実家に来てくれた電気屋さんがチラシを父に渡しました。
『タウンモールリスポでのイベント案内』と書いてあったのを、

父はとっさに、

「タウン  モーリス・・・・?ポ???」と読みました。

「お父さんリスポの事だよ(; ̄▽ ̄)。」と言うと、自分でウケてました(*≧∇≦)

応援してくださる方、こちら↓をポチっと宜しくお願いします(o^-')
(ブログランキングに参加してます♪1日1ポチ=10ポイント♪)
こちらをポチッ→ にほんブログ村 インテリアブログへ 只今のカウント:231962件 本日のランキング:323位

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ホントだ。数日前に知ったんだよ、彼岸花の葉があとから出るって。ずっこけ不思議に思ってたんだ。どうやって光合成をするんだろう?って。結構存在感のある葉姿なのね。自分で歩いてくれるなら楽チンでいいね。
でも私、彼岸花苦手なんだ(^o^;)
りんご
2013/10/05 19:30
> りんごちん
きっと、葉だけの時に沢山光合成して養分を球根に溜めておいて、それで花を咲かせるんぢゃない??葉、かなりワンサカ茂るよ〜!
彼岸花と言うと、田んぼの畦道とかにあるイメージだけど、どうして実家にこんなにあるのかは不明。おばあちゃんが買ったのか?もらったのか?どこからか取ってきたのか?
それより、『ずっこけ不思議に』ってどういう意味?ずっこけってつまずくって意味しか知らないゾ!!!
ゆかこ
2013/10/05 19:37
彼岸花、色がすごく鮮やかで綺麗ー。葉が後から出てくるって知らなかった。で思ったんだけど、花も葉っぱもアガパンサスに似てない?「夜に歩き出す」とか「機嫌が良ければ分球する」とかこういう風に説明してくれると植物の特徴覚えやすくていいね!
あさみ
URL
2013/10/06 06:43
> あさみちゃん
彼岸花、すっごく真っ赤だよ!目立つ!!!
花の色が真っ赤だから今まで思わなかったけど、花の色をブルーにして花と葉が一緒に出てると想像したら、アガパンサスにちょっと似てるね〜。
私、物とか植物とか擬人化するの好きだから、こういう文章見つけて面白かった。擬人化して考えると、植物もより親しみやすくなるよね☆
ゆかこ
2013/10/06 12:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

お問い合せ

閲覧者数カウンター

現在の閲覧者数:

Atrie Fleurのshopです

アクセサリーのご購入は
こちらから↓↓クリック↓↓
ショップへどうぞ
彼岸花の球根は夜に歩き出す。 〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる