〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 大震災帰省4 〜余震とマック・NPOのペット救出・原発〜

<<   作成日時 : 2011/04/18 08:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

浜に帰ると、毎晩余震で目が覚めました。
前にも書きましたが、3.11の余震は今までで約1万回、M5.0以上は約400回もあったそうです。

とにかく毎日揺れて揺れて。。。
ソファなどにもたれて座っていると、自分の心臓の鼓動と小さな余震の区別がつかなくなり、揺れてるのか揺れてないのか???気持ち悪いです。

動物も同じ事。マックが地震に敏感で、毎晩の様に鳴きます。
「うぉ〜ん(お母さ〜ん)!うぉ〜ん(揺れてる〜)!うぉ〜ん(怖いよ〜)!」と。
ビーグル犬の声は『森の音楽隊』と言われるほどウルサイです。

夜中にマックが鳴くと、母はマックを玄関に入れ、母も玄関で寝ていました。
マックが寝たと思い、母がそっと離れると・・・「うぉ〜ん(お母さ〜ん)!うぉ〜ん(どこに行ったの〜)!」とまた鳴くので離れられません。。
母が近くにいると安心してイビキをかいて寝るそうです。

一度、自分の代わりに座布団を丸めて起き、さも母が寝ている様にして離れたそうですが、すぐに「うぉ〜ん(お母さ〜ん)!」と見破られ、失敗したそうです。。。

マックを家の中に入れる時、ゴンが小屋から出てきて「今晩もですか!?お母さん、大変ですね。」みたいな顔で母を見るそうです。
ゴンは何があっても動じず冷静です。

そんなマックも最近やっと玄関で一人で寝れる様になりました。
でも、早朝また「うぉ〜ん(お母さ〜ん)!うぉ〜ん(おしっこ〜)!」と言い母を起こします。母は寝不足です。。

マックも鳴き疲れて声がガラガラです。
(私が帰省した時は少しはマシになってたけど)
画像

毎日、日本で地震がどれくらい起きているかココ↓を見るとよくわかります。
日本気象協会 地震情報 http://tenki.jp/earthquake/entries?p=1

東日本大震災後、各地で地震活動が活発化する中、震源域東側の太平洋プレートの内部で、大規模な「アウターライズ地震」の発生が懸念されているそうです。
このアウターライズ地震では、震度が小さくても大津波が発生する可能性が大きいそうなので、大津波警報が出た場合は例え揺れが小さかったとしても注意が必要です。
詳しくはこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110417-00000015-maip-soci


最近のTVでは、被災地のペットについても報道される様になってきました。
とても印象に残っているのは、大震災の発生から3週間がたった4月1日、宮城県で海上のガレキの上で犬が発見され救助された報道です。
このTV報道を偶然見ていた飼い主さんが、「我が家の犬だ!」とすぐにわかり、迎えに行って感動の再会を果たしました。本当に本当に良かったと思いました。


福島県原発近くのペットの報道もされていました。
原発20km圏内の方々は、震災後すぐに避難指示が出され、着の身着のまま家を飛び出し、ペットを残したまま避難されてる人がとても多いです。
そのペット達を救出しようと、いくつかのNPO団体が動いてくれています。

NPO団体の方は20km圏内にまで入り、救出・保護活動をされてます。
きちんと放射線量を測った上で、大丈夫だという事で入られていました。
保護したペット達も、スクリーニング検査をし、大丈夫なのを確認して圏外に連れ出し飼い主さんに渡したり、一時的に預かったりしてくれているそうです。

【福島第1原発 20キロ圏、ペットにも命 保護活動活発化の記事】
是非、読んで頂きたい記事です。
こちら→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000013-maip-soci

災害義援金はこの様なNPO団体のペット救出には使えないそうです。
各団体が自分達の資金でやってくれています。
本当に頭の下がる思いです。
環境省は、被災したペットを保護している自治体が一時保護施設などを整備する際、費用の半額を財政支援することを決めたそうですが、もっと被災ペットの保護にも力を入れて欲しいなと思いました。


原発避難区域へペットを連れに一時帰宅したいと申し出ている住民も沢山いる中、なかなか一時帰宅は認められません。。自腹でペットの救出を頑張ってくれている団体が沢山ある中、国と東電のぺっピリ腰には怒りさえ覚えます。
本当に原発のごくごく近く(敷地内とか)に入らなければ、きちんと線量を測れば大丈夫なのにと思ってしまいます。実際、原発の煙突が見える距離の地域の線量より、福島市内の線量の方がずっと大きかったりもしています。


先日の報道では、NPO法人の方が飼い主さんに頼まれてビーグル犬を保護しに行ってみると、逃げる時に放したビーグル犬がちゃんと家の周りで待っていて、名前を呼ぶと、尻尾をブンブン振って喜んで駆け寄る姿がありました。どんな気持ちで迎えを待っていたのかと思うと、胸が痛くなりました。

又、取材陣の車が双葉町に入ると、黒の大型犬が車に走り寄り、ドアを開けると同時に車内に飛び込んできたそうです。。。どれだけ助けを待っていた事か・・・

人も車も無い中、富岡町の夜ノ森の桜が満開に咲いていたのが印象的でした。
今年は夜ノ森の桜のトンネルを見に行きたいと思っていたのに。。。


昨日、東電から今後の見通しが発表されましたが、とりあえずの収束に最短で6〜9ヶ月はかかるそうです。長いです。。。

【追記】
4/18(月)
原発、原子力安全保安院は、1〜3号機の核燃料が「溶融していると思われる」と見解。これまで、核燃料の損傷が3%以上としてきたが、「溶融」との見解を出したのは初めて。

<炉心壊れの3段階定義>
炉心損傷・・・焼き固めた燃料(ペレット)を覆う金属の被覆管が壊れているが、
        燃料体の形は崩れていない状態。
燃料ペレットの溶融・・・ペレットの一部が溶けだしている状態。
メルトダウン(炉心溶融)・・・溶けた燃料が下に落ちていく状態。

「ペレットが溶融している」とした理由
1号機・・・「水素爆発に至った」
2、3号機・・・「ペレットが溶融して生じる放射性物質が高濃度の検出された」


私は、3/11時点で既にメルトダウンまでして、しかも圧力容器や格納容器が溶け穴が開いてるのでは?と密かに思っています。。。そこから冷却水が漏れ出て汚染水がタービン建屋やトレンチに溜まっているのではないか?だから放射線数値が大きいのではないのか?と・・・こんな想像は当らないで欲しいですが。。。

3/11に冷却電源装置がストップした時点で、菅総理が言った様にすぐに海水で冷すべきでした。東電は「海水を入れたら今後機械が使えなくなる」と拒否したそうです。。あの状態で、また機械を動かし今後も原発を使って行こうと考えた事が、こんなに最悪な結果を招いたんだと思います。



インテリアブログランキングに参加しています。
こちら↓をポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 インテリアブログへ  只今のカウント:156147件  本日のランキング:151位

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
叔母さんの様子知らせてくれてありがとう。少し安心しました。もうそろそろお手紙を書こうと思っています。ゆかちゃんのご実家に送ったら叔母さんがいらした時渡していただけるかな?

海の上のガレキで犬が発見されたニュースはアメリカでもその日にリポートされたんだけど、あまりに嬉しくて嬉し泣きしたよ。どうやって数週間も生き延びたのかいまだに不思議だけどとにかく飼い主と再会できてほんとによかった。一匹でも多くのペットが飼い主と再会できますように。。。ゴンちゃん、マック、ハッピ、ミーコもかなり地震のせいでストレスがたまってるよね。。。可哀相に。ほんとに早く余震が少なくなって欲しい。
あさみ
2011/04/19 13:43
> あさみちゃん
うん、私も会って話せた事で少しだけ安心できた。でも、今は気が張ってるから頑張っていられるけど、落ち着いてくるとまた違うと思うから、私も早く浜に帰りたいな。お手紙?実家宛てでも大丈夫だと思うよ。渡せると思うよ。

ガレキの上のワンちゃん、アメリカでもニュースになったんだね!凄い事だよね。本当にどうやって生きてたんだろうって思う。とにかく嬉しいニュースだったね。
地震を感じるのはマックだけかと思ったら、先日の大きな余震の後、ハッピがガタガタ震えてたんだって!ハッピもか?ってビックリ&可哀相!弟がすぐに気付いて「お母さん!ハッピ震えてる!」って抱っこしてくれたらしい。ほんと、余震が怖い。どうか大きな余震と津波が来ませんように、って毎日思って過ごしてるよ。。。
ゆかこ
2011/04/19 17:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

お問い合せ

閲覧者数カウンター

現在の閲覧者数:

Atrie Fleurのshopです

アクセサリーのご購入は
こちらから↓↓クリック↓↓
ショップへどうぞ
大震災帰省4 〜余震とマック・NPOのペット救出・原発〜 〜ゆかこのハンドメイド*ライフ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる